松江市でのランチ・食事 うなぎの老舗専門店|山美世

山美世の歴史

小泉八雲が愛したうなぎ

日本の文化に魅せられ来日したラフカディオ・ハーンが最初に赴任したのが松江でした。
小泉八雲として日本を愛し、数々の著書を残した八雲でしたが、食に関しては幼いころより親しんだ洋食を好み、和食は苦手だったようです。

しかしながら、八雲の曾孫にあたる小泉凡氏によると、鰻はよく食べていたようで、”鰻の蒲焼は八雲が愛した数少ない和食のひとつ”でした。

八雲が横浜から松江に入る際に通った道が「鰻の道」こと出雲街道であったことも、何かの縁ではないでしょうか。

小宴会・法要お食事・祝宴
弁当・仕出しのご予約承ります。

・お客様のご要望に応じますので気軽にお問合せください。
・店舗状況によりお受け出来ない場合もございます。
・送迎もご相談いただけます。